2011年09月11日

第三十段目「ミスター味っ子「パイナップルチキンカレー」」


1つの目標にしていた第三十段目です。

季節は秋と言えども、
まだまだ残暑は厳しいですねー。

今年も必然的に食欲の秋になりそうです・・・

そんな9月初めの更新です。


今回チャレンジした料理は・・・

寺沢大介先生の名作、
「ミスター味っ子」から

単行本ニ巻で、一馬との
カレー対決で登場した料理。

「パイナップルチキンカレー」 

を作ってみました。









それでは始めます。



まず材料を説明します。

CIMG2435_convert_20110528233027.jpgCIMG2446_convert_20110528234616.jpg


用意するものは

ライスの材料(5〜6人分)

人参・・・2本
米・・・6合

調味料

バター・・・16g

カレーの材料(5〜6人分)

鳥モモ肉・・・300g

人参・・・3本
ナス・・・3本
カボチャ・・・2/3個
トマト(大)・・・2個
玉葱・・・2と1/2個

リンゴ・・・1/2個
パイナップル・・・1房

※具財は全て刻んで用意しました。

調味料

カレー粉・・・200g
練マスタード・・・大匙4
胡椒・・・適量(4〜5振)
チリペッパー・・・適量(4〜5振)
インスタントコーヒー・・・200CC(粉3g程)
ニンニク・・・大匙2
生姜・・・大匙2
チキンコンソメ・・・2個

薬味用

カボチャ・・・1/3個
玉葱・・・1/2個
リンゴ・・・1/2個


以上の材料です。

では、始めます。


CIMG2440_convert_20110528233716.jpg

ご飯を普通に炊く水加減にします。

そこに摩り下ろした人参、
バターを溶かして少し混ぜます。

全体に行き渡った感じになったら、
タイマーをセットして炊きます。

CIMG2443_convert_20110528234020.jpg

ライスを炊いている間に、
パイナップルを半分にして、
中身を取り除いて置きます。
(中身は食べちゃって下さい)

CIMG2448_convert_20110528234714.jpg

一口大にした鳥モモを、
塩・胡椒で味付けして焼きます。

CIMG2449_convert_20110528234913.jpg

同時に鍋で玉葱を炒めます。
(この時、レンジで玉葱を
柔らかくしておくと
飴色になるのが早くなります)

CIMG2451_convert_20110528235111.jpg

モモ肉の皮に焼き色が付いた所で、
火を止めます。
(肉汁は鍋に入れます)

CIMG2453_convert_20110528235255.jpg

玉葱も30分炒めたら、
程良い感じになります。

CIMG2455_convert_20110528235445.jpg

カボチャ・人参・ナスを入れて炒めます。

CIMG2457_convert_20110528235541.jpg

この程度になるまで、
炒めて行きます。

CIMG2459_convert_20110528235742.jpg

焼いた鶏肉を入れます。

CIMG2460_convert_20110528235858.jpg

具材が被る位の水、
チキンコンソメを入れて、
具材が柔らかくなるまで中火で煮込みます。
(水が足りなくなったら少し足します)

CIMG2462_convert_20110528235939.jpg

柔らかくなったら、
切ったトマトを投入します。

CIMG2464_convert_20110529000115.jpg

少し煮たら、カレー粉を入れて溶かします。

CIMG2466_convert_20110529000328.jpg

カレー粉が溶けたら、摩り下ろしリンゴ、
各調味料を投入して、味を調整します。
(マスタードが一瞬来て、
後はチリパウダーとペッパーが
適度な辛さを保つように)

CIMG2469_convert_20110529000417.jpg

インスタントコーヒーを作り、
カレーの中に入れます。

これにより、苦味と渋みがプラスされます。

CIMG2470_convert_20110529000450.jpg

焦げ付かない様に、弱火で煮込みます。

煮込んでいる内に、
今度は薬味を作ります。

パイナップルはオーブンで温めて置きます。
(170℃で30〜40分位で)

CIMG2474_convert_20110529000726.jpg

くし切りにした玉葱、
厚めにスライスしたリンゴ、
薄く切ったカボチャを用意します。

CIMG2475_convert_20110529000848.jpg

リンゴは強火で軽く火を通します。

CIMG2478_convert_20110529001139.jpg

薄切りにしたカボチャを油で揚げます。

CIMG2486_convert_20110529001326.jpg

玉葱に小麦粉をまぶし、揚げ焼きします。

CIMG2490_convert_20110529001453.jpg

玉葱とカボチャには、
軽く塩を振ります。

CIMG2495_convert_20110529001721.jpg

カレーが煮込み終わったら、
パイナップルにカレーを移し、
200℃のオーブンで20〜30分程温めます。

※オーブンに入りきらない為、
 葉は落としました、ご了承を。

CIMG2499_convert_20110529002203.jpg

オーブンから取り出します。

CIMG2502_convert_20110529002336.jpg

良い感じに湯気が出ています。\わぁい/

CIMG2507_convert_20110529002636.jpg

炊き上がったライスを皿に入れ、
カレーをかけます。

薬味も並べて、
これで出来上がり☆です。


今回はあまり得意でない、
オーブンを使った調理でした。

こう・・・温度の設定と
時間が難しいんですよね・・・

今回は鶏肉の柔らかさ、
甘味の出る具材、刺激的な辛さ、
この3点を重点に置いて作ってみました。

パイナップルのおかげか、
鶏肉は本当に柔らかかったですね。
(流石に軍鶏肉は無理でしたが・・・)

もう少し買えば良かったと反省。

野菜の甘味が出ていて、
辛さを上手く強調する事に成功しましたよー。

マスタードは、出来るなら粉末を使用した方が、
より辛さを出す事が出来ます。
(私は辛いのは好きですが、
スッゴイのは苦手なもので)

ニンジンライスも、
上手い事炊けていました、
バターの風味がこれまた良いです。

薬味の野菜も
美味しかったなー。

味は満足しています。

実はこれ、初めて読んだ
子供の頃から作りたかった、
夢のカレーだったりします。

昔は設備も無かったので。

なお、完全に漫画の絵だけを見た
想像の味なので、その辺りはご理解下さい。

今回の材料費は・・・2000円です。

パイナップルの値段と、鶏肉ですね、
各種調味料はある物か100円均一で。

数人と出し合って食べるなら良いかもです。

※お米の計算は、含まれておりませんので、
 別途計算をお願いします。


さて、1つの目標として立てた30品目。

月2ペースで考えて来て、
ようやくここまで来ました。

そろそろ次の段階の事も
考えないといけませんね。

それはまた今度考えましょう。


次回は何を作ろうかな、
美味しい料理でやみくもに突っ走っても、
駄目な事もあれば、冴えない時もあるけどよ、
だが、たまには良い事もある。

では、ノシ

posted by I DIO at 21:35| Comment(2) | TrackBack(0) | パイナップルチキンカレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レポートどうもありがとうございます。
私は最近初めてこの漫画を読み、実際に作ってみたいと思っておりましたが、いざ作ってみるときっと現実的にはあれこれ分量や温度などの細かい調整ミスにより、大して美味しくなくなってしまうんではないか とも心配しておりました。 味は満足されているようですね。
Posted by 前野ジョー at 2013年01月23日 16:14
こめんとれす〜

見て頂きありがとうございます(^^

より良い再現になる様、常日頃から、
味の調整や工夫をモットーにしています。

お楽しみ頂けたのであればとても幸いです。


これからもどうぞ
よろしくお願い致します〜
Posted by I DIO at 2013年01月23日 18:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。